ロレックス オーバーホール 期間

ロレックスのオーバーホール期間

ロレックスは期間を開けて定期的なオーバーホールをする必要があります。
そこで、どれくらいの期間でオーバーホールをしなければいけないのか?
覚えておくと良いでしょう。

 

「今後もロレックスを末永く使っていきたい。」
「一生ものとしてだいじに愛用していきたい。」

 

ロレックスオーナーはそういった愛用者が多く
定期的なメンテナンスでキレイな状態を維持し
壊れずに愛用している方が多いんです。

 

壊れてからじゃ遅いんですよね。ロレックスって
壊れるともう手の施しようなないくらいになってしまって
せっかくの時計が台無しに、なんてこともあるので

 

オーバーホールはかならずするようにしてください。

 

基本的には3年から4年の間にオーバーホールをすることが
お勧めされています。
日本ロレックスに問い合わせても、そう推薦されるそうです。

 

そこで、どれくらいの期間でオーバーホールをすると
長く使えるのか?安く抑えられるのか?を検証してみたいと思います。

どれくらいの頻度ですべき?

費用を抑えるために、「10年以上オーバーホールなんてしていない」
という方もいれば、「毎年やってる!」という無駄な人もいます。

 

結局は3〜4年が目安なんですけど、最高でも7年に1度はしておいた方が
良いみたいですね。

 

7年以上オーバーホールをせずに使用していると
内部部品がサビたり劣化して、時間が狂ってくるそうです。

 

出来るだけ費用を抑えたい方は5年に1度メーカーへ依頼するか
3年に1度、修理専門店へ依頼して費用を抑えると良いでしょう。

 

また、壊れないように使いたい方は必ず3年に1度の
期間でオーバーホールをするようにしましょう。

 

ロレックス愛用者のブログでは「5〜6年に1度」のオーバーホールを
おすすめしている方もいますが

 

統計的に見ても、3年に1度出している方より
5年に1度出している方のロレックスのほうが
劣化しているように見えるんですよね。

 

やっぱり定期的なメンテナンスって必要ですよ。
適切な期間でオーバーホールするようにしてくださいね。

 

ロレックスのオーバーホール相談室まとめて知りたい情報満載!TOPへ戻る